交通事故の後遺障認定まで

交通事故により怪我をしてしまい、その後後遺症認定が行われるまでにはある程度の期間が必要になります。
交通事故が起きた直後に後遺症認定が行われるというのは稀なケースとなっており、交通事故そのもので足や腕を切断しなければならないといったケースや失明してしまったなどというケースにあいます。
それ以外に関してはある程度治療を行った上で症状固定といった運びになり、その後後遺症認定についての申請を行い必要な検査をしてから実際に認定されるかどうかが決定するシステムになっています。

後遺症についての申請が出来るようになるまで

交通事故にあって通院入院が必要になるケースや、その他にも手術が必要になるケースでは、基本的にある程度治療を行い症状固定が言い渡されるまでは後遺症に関しての申請を行うことができません。
一般的にむち打ちなどの場合には、長くても3ヶ月程度で症状固定と言い渡されることがありますが、この段階で初めて後遺症認定についての申請を行うことができます。
ただし、症状固定と言われても自分の中に症状がある場合には弁護士に相談しながらまだ治療を受ける必要があるということを医療機関側に立証してもらうと良いでしょう。

そうすれば保険会社としても治療費などについて負担せざるを得なくなります。
またこのほか手術や入院が必要になったというケースでは、まず手術が終了し、ある程度症状が改善されてリハビリなどを行った上で症状固定となりますが、この場合でもやはり症状固定となってから初めて後遺症認定についての申請が行えるようになっています。
さらに高次脳機能障害については症状固定から1年が経過した上で申請を行うことになっていますので、実際の後遺症認定までは非常に長い時間が必要になってしまうケースもあります。

途中で断念しないこと

上記のように後遺症認定までにはとても長い時間が必要になるため、途中で待ちきれなくなってしまい、面倒で示談に応じてしまうという人もいるようです。
しかし、高次脳機能障害などに関してはある程度時間が経過してから症状が出てくる事も多いので、面倒だからといって途中で諦めてしまうことがないようにしましょう。
申請できるまでには長い時間が必要ですが、この期間、病院に通うことや、日常での生活で気になることをメモにまとめておくなど、証拠として提出できるものを集めながら申請できるタイミングを待つことが大切です。

また、後遺症についての申請を行い、結果的に後遺症認定が行われなかったという場合でも、ここで諦める必要はなく本当に適切な検査が行われたかどうかについては弁護士に相談しながら医療機関側に確認してもらうと良いでしょう。
特に高次脳機能障害などに関しては非常に細かな検査をしなければならないのですが、正しい知識を持たない医療機関の場合には、MRI などで済まされてしまうケースがあります。
このような検査結果に対して素人である被害者が医療機関側に実際のところはどうなんだと問い合わせても、医療機関としては必要なことはやったと言われてしまうのがオチなので、ここで弁護士によって本来であればこれだけの検査をしなければならないはずだが、本当にこれだけの検査をしたのかどうか、また検査をした証拠を提出してくださいと言ってもらうことによって、医療機関側が困ることになります。

このような形で改めて適切な検査を行うことで、後遺症認定が行われるというケースもたくさんありますから、とにかく交通事故の後遺症認定までは時間がかかることと、必要に応じて弁護士さんの力を借りることを頭に入れながら諦めずに可能な限り認定されるような方向で取り組んでいきましょう。”

事故の加害者が無保険で大変だった(体験談)

何十年と車の運転をしていても、一度も交通事故の経験のないドライバーさんもいれば短期間で何度も交通事故に巻き込まれてしまうというドライバーさんもいますが、比較的怪我も少なく、また被害者と加害者側で保険などを使用しながらうまく示談ができれば不幸中の幸いといえるでしょう。

中には交通事故の被害者になってしまった際に加害者の保険に入っていなかった事によって非常に大きな迷惑がかかったり、大変な思いをしてしまうと言うケースもあります。
実際にそう言った経験をされた方の経験談を読んでみると、その際の対処方法などについてもわかってきます。

何度も加害者が逃げようとした

僕は22歳の時に車の運転をしていて交通事故に遭いました。
もらい事故だったので被害者と言う判断になったのですが、その時の加害者が保険に加入していない状態だったのですごく大変な思いをしました。
当然その場では警察を呼んでしっかりと実況見分なども行ったのですが、何せ無保険だったので保証問題について、相手は何度も何度も逃げようとして音信不通になったり、約束の日にお金が振り込まれていないということがありました。

もちろん僕も無保険だということを考慮した上で保証についても一括の支払いは難しいだろうということで、まずは車にかかった修理費用と僕自身が病院にかかった費用を支払ってくれれば良いという話し合いをしていたのですが、それでも音信不通になってしまうことが多く、最終的には僕が電話をしても逆ギレをするような形になったので、それ以上の話をするのが無理だと思い、弁護士さんに相談しました。
※私が相談した弁護士はこちら→福岡の交通事故に強い弁護士【西日本綜合法律事務所】

その結果過失割合についても弁護士さんがしっかりと話をしてくれて、加害者は保証する必要があるということで内容証明を送ってくれました。
すると加害者からすぐに電話があり、分割でも月々少しずつお金を払うと言われたので、これを弁護士に報告したところ公正証書を残した方が良いと言われたので、先方の加害者と話をした上で最終的にはしっかりと話し合い、公正証書にすることができました。
それでもやはり仕事で給料が下がったなどと言い訳をしながら数ヶ月に渡りお金が振り込まれていなかったこともあるのですが、公正証書にしている以上裁判にかけてでもしっかりと保証されるべき金額の請求を続けていきますと意思表示をしたところ、本当に少しずつですが今でも毎月口座にお金が振り込まれています。

早く弁護士さんに相談してよかった

僕の場合には早い段階で弁護士さんに相談した方が良いと周囲の先輩などから教えてもらったので相談することができたのですが、詳しい知識を持っていなければ、加害者にあのまま逃げられていたかもしれません。
また公正証書にしたことで加害者としてもこのまま逃げ切れるとは思わず、ある程度の支払いをしてくれるのは唯一の救いだと思っています。
あの時弁護士さんが加害者に対して内容証明を送ってくれなければ、電話番号など変えられていたかもしれないし、そういった部分について警察に相談しても警察は詳しい情報などは教えてくれないので早い段階で行動を起こして正解だったと思います。
もちろん保証されている金額はまだ全額が支払われていないので僕自身が自腹を払ったというのが大半ですが、それでも数千円ずつ1ヶ月に振り込んでくれている加害者の気持ちはしっかり受け取ろうと思っているので、無理のない範囲で支払を続けてほしいと思います。

たまたま僕が相談した弁護士さんが交通事故問題に詳しい知識を持っていて、これまでに無保険車の加害者とのトラブルを何度も解決してきているようで迅速に動いてくれたので本当に助かりました。